オルタナティブ投資のススメ!資産分散を行い下落耐性を高めて高いリターンを狙おう!

 

「オルタナティブ投資のススメ」へお越し頂きましてありがとうございます。

当サイトではオルタナティブ投資の重要性と魅力についてお伝えしています。

 

市場が暴落する局面においても資産を安全に守りながら成長させていく投資手法について解剖していきたいと思います。

結局、どの投資先が魅力的なのか早く知りたいという方に向けて、まず、

以下で現時点で個人投資家でも投資ができるオルタナティブ投資を以下の観点からランキング形式でお伝えしています。

 

  • 利回り
  • 安定性
  • 流動性
  • 手軽さ
  • 将来性

▶︎▶︎【最新版】おすすめ投資先ランキング

 

オルタナティブ投資とは!?

オルタナティブ投資とは株式市場とは異なる動きをする金融商品です。

株式市場が暴落している局面で、暴落しない資産を保有することでポートフォリオの安定性を高めることができます。

 

実際、現時点で世界の運用資産残高の10%以上を占めており、2025年には15%にまで増えることが想定されています。

伸び率でいうと他を圧倒していますね。

 

参照;一般社団法人「日本プライベート・エクイティ協会」

 

オルタナティブ投資は欧米の超一流機関投資家に特に愛用されています。

以下は米国の一流大学基金のオルタナティブ投資の割合は7割近くに登っています。

 

参照:幻冬社

 

以下ではそもそもオルタナティブ投資はどのよな投資なのか?

登場の背景を踏まえながらお伝えしています。

 

オルタナティブ投資の種類①:ヘッジファンド

オルタナティブ投資と一言にいっても様々な種類があります。

最も有名なものがヘッジファンドです。

ヘッジファンドは絶対収益型のファンドであり、市場暴落局面でも暴落を免れています。

 

 

実際筆者の投資しているヘッジファンドでは年率10%のリターンを運用開始以来6年間下落することなく運用しています。

コンテンツでは以下の点についてお伝えしています。

 

  • ヘッジファンドはどのようなファンド形態なのか?
  • 投資信託との違いは何なのか?
  • 日本でも投資できるヘッジファンドはあるのか?

 

 

オルタナティブ投資の種類②:PEファンド(バイアウトファンド)

実は意外と知られていないですが、オルタナティブ投資の中で最も運用残高が大きいのがPEファンドなのです。

 

世界のオルタナティブ投資残高の割合

 

PEファンドは上場していない未公開株に買収をして企業価値をあげた後に高値で売却をして収益を上げます。

一般的に未公開株というとベンチャーキャピタルを思い浮かべる方が多いと思います。

しかし、実は7割型は成熟した企業を買収して経営改革を行い企業価値をあげるバイアウトファンドと言われる形式です。

 

PEファンドの形態別の流入先

 

以下ではPEファンドの仕組みとバイアウト ファンドについて詳しくお伝えしています。

コンテンツでは以下の点についてお伝えしています。

 

  • PEファンドとはどのようなファンド形態なのか?
  • ベンチャーキャピタルと何がちがうのか?
  • バイアウトファンドの社会的意義
  • 世界的なPEファンド
  • 日本で投資できる有望なバイアウトファンド

 

 

 

オルタナティブ投資の種類③:ベンチャーキャピタル

ベンチャーキャピタルは上場していない銘柄に投資を行い上場した時に大きな上場益を得るファンド形態です。

バイアウトファンドは買収を行なって、経営権を握ります。

 

しかし、ベンチャーキャピタルの場合はある程度の割合を出資しますが経営は元々の経営者に任せます。

当然、上場や企業買収の対象にならなければ全損の可能性もあるため多くの企業に分散します。

ハイリスクミドルリターンの投資先といえるでしょう。

 

 

コラム:IPO投資とは?

IPO投資は上場が決定した銘柄に抽選で公募価格での投資を申し込みます。

そして当選したら公募価格で購入する権利を有し、上場後初値で売却することで高い確率で利益を得られます。

 

好況の時は9割型の銘柄で「上場後初値>公募価格」ですが、不況に突入するとその限りではありません。

2020年では上場26社中、18社が「公募価格>上場後初値」となっています。

 

実に70%以上が損失を被る結果となっています。

以下で過去のIPO銘柄についてお伝えしています。

 

 

オルタナティブ投資の種類④:不動産投資

不動産投資もオルタナティブ投資の一角として数えられています。

しかし、近年は日本や米国の不動産市場は株式市場と連動率が高くなってきています。

以下では連動しにくい新興国不動産を含めてお伝えしています。

 

 

オルタナティブ投資の種類⑤:商品投資・その他

原油やコモディティといった商品も株式とはことなる動きをするオルタナティブ投資です。

ただ、価格変動幅が非常に大きいので十分注意して投資を行いましょう。

 

 

伝統的な投資先

オルタナティブ投資より前から伝統的な投資先として知られているのが投資信託とETFです。

当サイトでは個別株への投資については割愛させていただきます。

投資信託

投資信託は最も現在メジャーな投資先かと思います。

しかし、現在の日本の投資信託は手数料ビジネスとなっており悪質なレベルの投資信託が横行しています。

投資信託の問題点と投資信託の活用方法についてまとめていますので参考にしていただければと思います。

 

 

ETF

ETFは上場投資信託といわれるもので、株式市場が開場している時に通常の個別株と同様に取引することができます。

ETFはインデックスに連動するように組成されており、低い手数料で取引することができます。

 

 

おすすめの資産運用法

重要なのは伝統的な投資手法とオルタナティブ投資を組み合わせて安定性の高い資産運用を行うことです。

以下では資産運用全般にまつわることをお伝えした上で金額別に推奨できる運用ポートフォリオについてお伝えしています。

 

資産運用の全般的な内容

〜1000万円

 

2000万円〜5000万円

5000万円〜1億円未満

1億円以上

その他

その他のトピックについてもお伝えしています。

金融政策

金融政策が株式市場に及ぼす影響は年々大きくなってきています。

元本保証投資の危険性

元本保証は日本人は大好きですが、実は大きな問題をはらんでいます。

その点について言及しています。