オルタナティブ投資の種類とメリット・デメリットをわかりやすく紐解く

筆者はオルタナティブ投資を専門にしており、ヘッジファンド、PEファンド、海外不動産を主な対象にしています。

そもそも「オルタナティブ投資」は聞き慣れない言葉かもしれません。

そこで、今回はそもそもオルタナティブ投資とは何なのか?何故注目されているのかという点をメリットとデメリットを含めて詳しく解説していきたいと思います。

オルタナティブ投資とは

オルタナティブというのは大学受験で習った英単語「alternative」ですか、意味は「代替的な」となります。

つまりオルタナティブ投資を日本語に直訳すると「代替的な投資」となるのですが、何の代替なのでしょうか。

資本主義が始ってから、資本主義社会では株式と債権が主な投資先として選好されてきました。

このような伝統的な資産の代替的な投資先として近年注目されているのがオルタナティブ投資なのです。

👉 オルタナティブ投資が注目される背景を徹底解説

オルタナティブ投資の特徴

オルタナティブ投資の特徴として最も重要な点は伝統的な資産とは異なる動きをするということです。

もし伝統的な資産と同じ値動きをするのであれば、投資をする意味がありませんからね。

自身の投資ポートフォリオを構築する上で最も重要なのは、

相関性の低い資産を組み合わせて投資収益の安定性を保つことが出来ます。

👉 資産分散を行い市場平均をオーバーパフォームする投資ポートフォリオを組成する為の考え方

ある相場環境Xで▲40%となる資産Aと▲20%となる資産Bを保有していれば、

Xが発生すると大きく資産を減らすことになります。

 

ここで▲40%となる資産Aと+30%となるオルタナティブ資産Cを保有すれば、

Xが発生しても資産のを大きく減らすことを防ぐことが出来ます。

オルタナティブ投資の種類

ではオルタナティブ投資にはどのような種類のものがあるのでしょうか。

オルタナティブ投資の大分類

オルタナティブ投資は以下の二種類に大別されます。

 

①伝統的な資産である株や債権とは違う投資商品の種類と、

②投資手法の拡大によって分類することが出来ます。

 

①は単純に株や債権という伝統的な投資商品ではなく別の資産に投資するという方法で分かりやすいです。

一方、②は株式や債権に投資をしても市場平均に連動しない動きをする株に投資したり、

売から入る空売り、金融派生商品といわれるデリバティブを駆使して市場平均とは異なる動きを追求する方法や、

そもそも上場していない投資先に投資を行う手法をさします。

それでは代表的なオルタナティブ投資先についてみていきましょう。

分類①-1:不動産投資

意外に思われるかもしれませんが、不動産もオルタナティブ投資に分類されます。

以下に日本の不動産価格の前年比上昇率を見ていただけると株式市場と異なる動きをしていることが分かります。

 

平成のバブル崩壊までの間は一貫して前年比でプラスの上昇し続けています。

この間株式市場は大枠では大きく上昇していますが、何度も浮む局面もありました。

株式市場が下落する局面であっても上昇し続けるという観点から、

オルタナティブ投資の特徴を兼ね備えているということが出来るでしょう。

日本の高度経済の前年度比上昇率

(引用:日本不動産研究所)

 

現在の日本の不動産市場は殆ど株式市場と同じ値動きとなっており、

更に人口減少・下落基調の賃金の影響で不動産価格は上昇する地あいとなっておりません。

👉 国内不動産と海外不動産どちらが、おすすめできるのか~オルタナティブ投資の観点~
👉 J-REIT(リート)や米国リートよりおすすめできる海外不動産投資を紹介

 

昔の高度経済成長期のような人口増加・所得上昇により実需により、

株式市場に御構い無しで上昇し続ける海外不動産にこそオルタナティブ投資としての

海外不動産の真価があります。

👉 海外不動産を2019年に購入するとしたらどこが結局おすすめなのか?キャピタルゲインを狙うのであれば今後の経済成長確実な新興国不動産1本

👉 バングラデシュ不動産は本当に魅力的なのか?経済成長力を統計で分析してみた
👉 バングラデシュ不動産の『土地に直接』100万円から投資する方法?

分類①-2:商品投資

次に同じく分類①に属する商品投資ですが、原油、金、穀物に投資をする手法です。

これらの商品は様々な要素によって変動していくので、株式市場と異なる動きをします。

例えば、金を例にとると地政学リスクが顕在化すると株式市場は下落しますが、逆に金の価格は値上がりします。

また原油に関して言えば、大規模な油田で爆発等が起これば原油価格は供給懸念から価格が上昇しますし、

米国の冬の気温によってもヒーター需要によって価格が上下します。

私は総合商社勤務時に英国で原油先物トレードを行う会社でリスク管理を行った経験がありますが、毎日様々な要因で価格が変動しあまりにも予測が難しいことを実感しました。

私はオルタナティブ投資を実践してますが、この時の経験から商品投資は一部金を長期保有するだけに留めています。

👉 インフレ対策に金投資は有効なのかを徹底検証

👉 日本銀行の金融政策が2%のインフレ率を目標としている理由をわかりやすく解説

分類②-1:ヘッジファンド

ヘッジファンんどは一番有名なオルタナティブ投資先ではないでしょうか。

ヘッジファンドは株式投資を中心を行うファンドが多いですが、市場平均に連動しない中小小型株の保有や、

売から入る空売りオプションやCDSといったある事象が発生した時に、

収益が発生する金融派生商品を組み合わせて市場平均と異なる動きを追求します。

ヘッジファンドの高い運用成績

市場下落時には下落を抑えられるという観点から資産ポートフォリオの安定性に有効な投資先となります。

👉 1億円を資産運用で安全・安定的に増やすなら投資信託?不動産投資?金投資?ヘッジファンド?それとも・・・

どのような市場であっても収益獲得を目指すという意味で絶対収益型のファンドといわれ、

欧米の富裕層や機関投資家に重用されています。

👉 ヘッジファンドと投資信託の違いについて徹底解説
👉 国内ヘッジファンドのおすすめ投資先ランキング・投資信託とのメリットを比較解説

分類②-2:PEファンド

PEファンドはヘッジファンドよりも更に最先端の投資手法で、

市場平均との相関性の低さとヘッジファンド以上の高い利回りで近年飛躍的に注目を集めています。

PEファンドも株式に投資を行うのですが、上場されている株ではなく未公開株に投資を行います。

成熟企業に大きな割合で出資し経営権を取得したうえで経営改革を行い業績を改善し、

企業価値が上昇したところで売却するバイアウト戦略。

非常に期待できる新興企業に一部出資し、更に高値となったとき、または上場した時に売却するベンチャー戦略。

が有名な二大戦略となっています。

👉 PEファンドとは?投資手法・成績・種類等知られざる実態を解剖する
👉 バイアウトファンドとベンチャーキャピタルの違いをわかりやすく解説ーPEファンドの種類毎比較-

 

私が投資をしているPEファンドであるトータス・パートナーズの戦略はバイアウト戦略で東大京大出身の総合商社や、

外資系投資銀行出身のエリートによって企業価値を向上させ売却することを戦略としています。

👉 日本発新進気鋭のPEファンド・TORTOISE PARTNERS(トータス・パートナーズ)の実態に迫る

 

現在日本は少子高齢化によって大廃業時代を迎えようとしており、

利益のでている未公開企業を救う救世主としてもPEファンドは今後ますます期待されております。

日本の未公開企業の後継者不足

オルタナティブ投資のメリット

オルタナティブ投資のメリットとしては特徴の欄で記載した通り、

伝統的な資産とは異なる値動きを行う点ですが更に重要な点があります。

それは伝統的資産に対して、パフォーマンスが高いことが挙げられます。以下日銀の調査をご覧ください。

PEファンドの高い運用成績
(引用:日銀「最近のPEファンドの増勢」)

市場平均の株式市場に比べてヘッジファンドやPEファンドが大きくアウトパフォームしていることが分かります。

リーマンショックのような市場下落局面では下落耐性が強く、

市場が上昇していく局面では勢いよく上昇していくという結果が出ており、富裕層や機関投資家に選好されているのです。

👉 PEファンドとは?仕組み・運用成績・種類・メリットやデメリット等から個人でも投資できるおすすめの投資先を紹介。

 

実際20年間年率10%の運用実績を挙げているハーバード大学運用ポートフォリオ、

年率12%の運用実績を挙げているYale大学の運用基金では60%〜70%をオルタナティブ投資に割いており、

資産分散ができるだけでなく、高いパフォーマンスを上げるために必要不可欠な要素となってきております。

イェール大学とハーバード大学のポートフォリオの高いPEファンドの保有比率

ハーバード大学やイェール大学風に投資する手法について以下にてまとめていますので、

参考にしていただければと思います。

👉 2000万円をハーバード流に資産運用ポートフォリオを組み安定的に10%の利回りを目指す
👉 【3000万円資産運用】エンダウメント流ポートフォリオを構築し年率10%以上を安全に狙う
👉 5000万円をイェール大学流ポートフォリオで資産運用し年率10%を安全に長期的に目指す
👉 【1億円資産運用】ハーバード大学基金に類似したポートフォリオを組み安全に年率10%を狙う

 

オルタナティブ投資のデメリット

いいことづくめのようなオルタナティブ投資ですが、そのデメリットについて解説していきたいと思います。

デメリット1.資金拘束時間の長さ

株式の売買では、株式市場が開場しているときであれば、いつでも売買を行うことが出来ます。

 

しかし総じてオルタナティブ投資は資金投下から売却して収益化までに時間を要す傾向があります。

不動産投資についてはゆわずもがな、購入と売却に時間がかかるのはご理解いただけると思います。

ヘッジファンドも長いもので解約は1年に1度、

短いもので私が投資しているヘッジファンドのように四半期に1度となります。

 

1人あたりの投資金額が大きい傾向にあるので頻繁に投資受付と解約が行われると、

投資戦略に影響が出てしまうことが要因です。

 

例えば、現在20億円保有してい18億円で買おうと思っていた投資対象が、

大口投資家が突如解約して17億円の資金しかなくなったら思っていた投資が出来なくなってしまいますからね。

 

PEファンドについては一旦資金を預け入れ、その後投資先を探し投資したあと、

経営に入り込んで経営改革を行い企業価値があがったとしてもそこで終わりではありません。

 

保有している株式は上場株ではないため、新たに購入する先を見つけなければいけないのです。

オルタナティブ投資はリターンが大きい代わりに資金拘束時間が長くなりがちということがあり、機関投資家等の長期の運用を行う投資家に好まれる傾向にあるのです。

 

デメリット2.個人投資家への門戸の狭さ

良い投資商品であると分かっていても、普段私たちがPEファンドやヘッジファンドに投資できる環境があります。

これらのファンドは私募ファンドとして投資信託などの公募ファンドとは異なり、

公に宣伝することもできませんし投資できる投資家の数にも制限が掛けられているのです。

 

その代わりに投資信託にはない運用の自由が保障されているわけです。

 

ヘッジファンドやPEファンドは富裕層の中での口コミや、

富裕層のみが利用できるプライベートバンクの紹介によって投資することができ、

著名なものになると金額は少なくとも1億円通常は5億円からと非常に閾値が高くなっています。

しかし私の投資しているヘッジファンドやPEファンドでは私の大学の先輩が立ち上げたもので、

毎年躍進を続けている新進気鋭のファンドで、

現在はまだ1000万円以上からの投資を受け付けております。(場合によってはそれ以下も応相談)

👉 日本のオルタナファンド投資(ヘッジファンド・PEファンド等)おすすめランキングBEST3〜

総括

オルタナティブ投資は伝統的な資産とは異なる資産に投資を行い、市場平均とは異なる値動きを追求する投資手法である。

またオルタナティブ投資は総じて良い成績を残す投資先となっているが、投資期間が長くなるため資金の流動性は低くなるので長期投資先に向いている。

富裕層や機関投資家を中心に活用されているが日本人によって立ち上げられた優秀な成績を残しているヘッジファンドであれば最低投資金額も1000万円となり投資することは可能な水準である。

◆2019年以降の最新オルタナティブ投資のおすすめの金融商品をランク付けしています◆

市場連動性が低く、利回りが高いオルタナティブ投資を徹底的に分析している管理人の観点から、現在個人でも日本で投資が可能なオルタナティブ投資先についてランキング形式にしてまとめました。

    【↓最新版:おすすめオルタナティブ投資先ランキング↓】 

オルタナティブ投資としての性格を有し、高い利益を見込めるか安定しているかという点を中心に、以下の5つの要素で評価しています。

  • 収益性
  • 安定性
  • 流動性
  • 手軽さ
  • 将来性

 

長期的な資産形成の一助となれば幸いです。

Click!→ 最新版:おすすめオルタナティブ投資先ランキング

おすすめの記事