社会性で評判の鎌倉投信『結い2101』を徹底評価!下落耐性が強く安定した成績がウリの独立系投資信託を解剖。

鎌倉投信が運用している『結い2101』はひふみ投信と同様に独立系の投資信託として名を馳せています。

独立系の投資信託というのは販売から運用までを一括して運用を行う投資信託の形態です。

 

本日は鎌倉投信が運用する結い2101について詳しく分析していきたいとおもいます。

鎌倉投信と『結い2101』はどのような投資信託なのか

まず最初に鎌倉投信がそもそもどのような経緯で立ち上げられたのか、

結い2101はどのような投資信託であるのかという点について紐といていきたいと思います。

鎌倉投信設立の経緯

設立者である現在の社長の鎌田さんはバブル絶頂期である1988年に入社して本社証券部門に配属され、

11年勤めた後イギリスの大手金融機関グループバークレイズ銀行の資産運用会社に9年在籍して2008年に独立しました。

 

ただ鎌田氏は長年の運用に携わる経験の中で短期的な利益を追求しなければいけない投資に辟易として、

社会の発展に資するような投資を行いたいと考えて同僚達に声を掛けて、

鎌倉投信を4人で立ち上げました。

 

鎌倉投信は名前の通り鎌倉で創業しておりますが、

伝統にあふれ日本で初めて武家社会が確立された革新性を備えた場所として、

鎌倉を創業の場所として選んでおります。

 

結い2101の特徴①:ゆっくりした安定的な資産形成を目差す

近視眼での運用目標ではなく企業の収益の成長に見合った資産形成を行うことを目標にしております。

 

つまり短期的には資産が減少してしまう可能があるのですが、

長期的な資産の形成を目的として運用していくファンドということです。

 

先ほど申し上げた通り、短期的な利益のみを追求するだけで、

本質的な企業の成長を促進させない運用は何か違うと考えて創業されたこともあり、

結い2101は創業の理念を写したファンドであるということができます。

 

結い2101の特徴②:値下がりリスクを抑えた運用

日経平均の標準偏差つまり価格のブレ幅がの役半分の9%の標準偏差で結い2101は運用されています。

結い2101は下落リスクを抑えているのでですが、原因は高いキャッシュ比率と投資銘柄の規模です。

結い2101のポートフォリオ<引用:結い2101の運用報告書>

 

今現状だけ低いというよりは一貫して40%程度のキャッシュ比率を溜まっており、

市場が下落する局面でも損失をミニマイズすることができる作りとなっております。

 

また結い2101の構成銘柄の規模をご覧ください。

全体の7割型の銘柄が小型株で占められています。

結い2101の投資銘柄の規模別構成比

 

ご存知の通り日経平均株価構成銘柄は日本株の中でも時価総額が非常に高い銘柄のみで構成され、

市場の環境が悪くなると大型株を中心として売り崩される傾向にあります。

外国人は主に日経平均先物を取引したり、日本でも日経平均連動の銘柄もあることから、

日経平均の構成銘柄というだけで特の個別要因がなかったとしても下落しますが、

小型銘柄は市場の影響を受けにくいため下落体制が強いのです。

 

反面勢いよく市場が上昇するときは上昇の割合は大型銘柄に比べて小さくなります。

 

結い2101の特徴③:テーマ毎に投資銘柄を選定

結い2101は投資先を以下の三つの基準で選別しており、

それぞれ約3分の1ずつ組み入れています。

・人材を活かせる会社
・循環型社会を作る会社(共生)
・日本の匠みな技術や文化をもち感動的なサービスを提供する企業

 

結い2101のテーマ別構成比率

結い2101の特徴④:組み入れ銘柄が分散されている

多くの投資信託や指数でも組み入れ上位銘柄は高い比率となることが多いのですが、

結い2101は組み入れ上位銘柄でみても最高位ですら投資比率は1.2%となっています。

 

結い2101の組み入れ上位銘柄

 

ある特定の銘柄に比重を置くのではなく、

それぞれの銘柄に少しずつ投資しております。

 

また業種別構成銘柄も以下のように非常にバランスよく分散されており、

なにか特定の業種に偏った分布とはなっておりません。

結い2101の業種別構成比率

鎌倉投信『結い2101』の運用成績

それでは結い2101の運用成績について詳しくみていきましょう。

 

TOPIXと結い2101の年率のリターンの比較表をご覧ください。(結い2101:青 TOPIX:黄)

最終的なリターンである白丸はほとんど同じなのですが、

最大と最小のリターンのブレ幅が少なくおさまっています。

TOPIXと結い2101のreturnの比較

先ほどの特徴の項でも申し上げた通り、小型銘柄でなおかつキャッシュ比率が高く保たれているため、

大きな下落をせずに安定的にリターンを積み重ねて行っていることがわかります。

 

さらに分かりやすく結い2101のリターンを著したものが以下の結い2101(青)とTOPIXのリターンの比較です。

TOPIXと結い2101のチャート比較

最終的なリターンはほぼ同じなのですが、値動きの荒さが圧倒的にTOPIXの方が大きくなっており、

価格変動率を表す標準偏差が低くなっていることが視覚的にも確認できる形となっております。

 

鎌倉投信『結い2101』の見通し

2018年に入ってから2017年とはうって変わって2月や10月のように大幅な調整を行う時期が、

現れるようになってきており、株価の上値が重たくなってきています。

 

結い2101は下落耐性が強いので殆ど横ばいを保っておりますし、

今後本格的な米国主導としたリセッションが起こったとしても現金比率が40%あるため、

下落したときに安値で株を仕込む余力を残しております。

 

今後も景気拡大が続く可能性があるなか、大きなリセッションも起こりうる局面においては、

ひふみ投信のようなグロース株投資に比べて、下落耐性がつよい結い2101の方が魅力的であるといえるでしょう、

 

鎌倉投信『結い2101』のまとめ

鎌倉投信結い2101は近視眼的な利益を追求せずに長期的な資産形成を目的とする投資信託です。

結い2101はテーマ別に銘柄を選択し、小型銘柄を中心に非常によく分散しており、

なおかつキャッシュで40%程度を保有しているという特徴があり、

下落耐性が低く価格のぶれ幅を示す標準偏差が低く安定運用型の投資信託となっています。

 

一方リターンの方も40%程度をキャッシュで置いているにも関わらずリターンはTOPIXと同等ということで、

リターンはTOPIXと同じでリスク(標準偏差)は半分程度という優秀な成績を残しています。

 

仮に今後リセッションが発生して株価が大幅に下落したとしても、

株価の下落幅は低く抑えられることが想定されますし、

今取ってあるキャッシュで安く株を仕込めるという優位性を保有していることも評価できます。

 

結い2101は十分魅力的な投資信託なのですが、リターンがやはり7%程度といまいち魅力にかける成績になっています。

更に高いリターンを期待しながらリスクも抑えることができる投資先については、

以下のランキング記事でまとめていますので参考にしていただければと思います。

👉 〜日本のオルタナファンド投資先(ヘッジファンド・PEファンド等)おすすめランキングBEST3〜

◆2019年以降の最新オルタナティブ投資のおすすめの金融商品をランク付けしています◆

市場連動性が低く、利回りが高いオルタナティブ投資を徹底的に分析している管理人の観点から、現在個人でも日本で投資が可能なオルタナティブ投資先についてランキング形式にしてまとめました。

    【↓最新版:おすすめオルタナティブ投資先ランキング↓】 

オルタナティブ投資としての性格を有し、高い利益を見込めるか安定しているかという点を中心に、以下の5つの要素で評価しています。

  • 収益性
  • 安定性
  • 流動性
  • 手軽さ
  • 将来性

 

長期的な資産形成の一助となれば幸いです。

Click!→ 最新版:おすすめオルタナティブ投資先ランキング

おすすめの記事