初値で大きく利益が出た2018年新規上場・IPO株式銘柄を一覧列挙、400万円超の当選株も?時流に乗ったビジネスモデルを一括分析

これまで2018年のIPO銘柄の初値利益とそのビジネスモデルを分析してきました。

結局2018年のIPO銘柄の中で当選したら一番儲かったのはどの株式銘柄なのか?

今回は列挙していきたいと思います。

 

まずは2018年IPO銘柄の初値利益ランキング

まずは初値利益順のIPO銘柄の一覧(ベスト10)です。

高利益順 IPO銘柄 当たり本数 公募価格 初値 初値上昇率 初値売り時(利益)
1 HEROZ 1980本 4,500円 49,000円(公募価格の10.9倍) 988.90%  445万円
2 アジャイルメディア・ネットワーク 1426本 3,000円 15,470円 415.7%%  124.7万円
3 RPAホールディングス 6,000本 3,570円 14,280円 300%  107.1万円
4 ベストワンドットコム 1,253本 4,330円 14,830円 242.50%  105.0万円
5 ビープラッツ 1,725本 2,200円 10,000円 354.50%  78万円
6 ジェイテックコーポレーション 11,500本 2,250円 9,700円 331.10%  74.5万円
7 Mマート 6,755本 1,240円 5,380円 333.90%  41.4万円
8 イーエムネットジャパン 2,599本 3,000円 7,000円 133.30% 40万円
9 ZUU 2,875本 1,600円 5,550円 246.90% 39.5万円
10 日本リビング保証 1,845本 1,760円 5,100円 189.80% 33.4万円

HEROZがぶっちぎりですね。

上位4銘柄は初値利益が100万円を超えています。

当選した人は大きな利益を手にしたことになりますね。

それぞれの銘柄である企業はどのようなビジネスモデルで上場まで漕ぎ着けたのでしょうか。

見ていきましょう。

 

HEROZ(4382)

HEROZが上場初値でここまで公募価格が上回った理由としては、

「時流に乗っている」(AI)

「堅実な経営体制」

「将棋ウォーズによる話題性」

が揃っていることが最大の要因かと思います。

 

四季報に「AI技術強みに市場予測などBtoBサービスを提供、『将棋ウォーズ』等頭脳ゲームアプリも」

とある通り、とにかくAI技術を強みにして、大企業を相手に事業提携、AI技術によるデータ解析、情報提供により、

利益をあげるビジネスモデルで台頭している会社と言えますね。

 

さらに詳しくは以下にまとめています。

👉2018年にIPOした【HEROZ】とはどんな会社か?上場株式会社の特徴・AI革命は進むのか?

 

アジャイルメディア・ネットワーク (6573)

アジャイルメディアネットワークは、

有名人などにSNSで報酬を払って商品やサービスの宣伝をするのではなく、

それを有名人ではなく一般消費者、個人に下ろしてきた、という感じです。PRですね。

 

この口コミ宣伝をしてくれる人をアンバサダーと呼び、

アンバサダーは口コミをするのに金銭報酬は発生せず、しかし企業の特別企画などに呼ばれいち早く商品に触れられる、などのメリットがあるわけですね。

 

この口コミ宣伝を最後にはブログやメディアなどにまとめて、

世に拡散していくということで、企業が次々と導入しているとのことです。

 

さらに詳しくは以下の記事でまとめています。

👉2018年IPO・上場株式銘柄、【アジャイルメディア・ネットワーク】とはどんな会社?アンバサダーによる口コミ戦略で広告業界をリード?

 

RPAホールディングス (6572)

RPAホールディングスは、

人とロボットが共存して働く時代になると予見し、

テクノロジーを活用した新規事業創造グループとして運営している会社ですね。

RPAホールディングスの強みは10年前からサービスを続けており、

2017年にRPAブームが起き、その中で確立した技術、マーケットシェア(8割)と驚異的な存在となっています。

 

さらに詳しくは以下にまとめています。

👉2018年IPO・上場株式銘柄、【RPAホールディングス】はどのような会社なのか。次世代テクノロジー、間接部門オートメーション化の破壊力

 

ビープラッツ (4381)

ビープラッツは、

企業向けにサブスクリプションで収益化を実現する提案・システム導入をして、

提携企業と一緒に事業成長を目指し、

システム導入でストック型の収益を得ながら成果報酬を得る、

という非常に固いモデルですね。

まだまだIot化を実現できていない企業が対象になってきますが、

そう考えると市場はまだまだ開拓余地があり、今後が期待されますね。

 

さらに詳しくは以下にまとめています。

👉2018年IPO・上場株式銘柄、【ビープラッツ】はどのような会社なのか?サブスクリプションモデルでストック型、フロー型収益の二段構えで手堅く利益を拡大していく?

 

ベストワンドットコム (6577)

ベストワンドットコムはクルーズ旅行の予約ができるサイトを展開しています。

旅行代理店というと薄利多売のイメージが強く、

利益はそこまで上がるビジネスモデルではないと考えてしまいそうですが、

ベストワンドットコムは20人の少数精鋭運営の会社で12億円の利益を出しています。

 

やはり、富裕層や新婚層をメインターゲットにした、

単価の高いクルーズ旅行を商品としているからですよね。

 

船会社と13年かけて連携を強めてきたことが、ついに花開いたというビジネスとも言えます。

今後の事業展開を考えても、上場まで漕ぎ着けた点も十分に理解できますね。

 

さらに詳しくは以下にまとめています。

👉2018年IPO・上場株式銘柄、【ベストワンドットコム】はどのような会社なのか?クルーズ旅行をWeb集客する少数精鋭会社の売り上げはどのくらいの規模なのか?

 

ジェイテックコーポレーション (3446)

ジェイテックコーポレーションは、

ライフサイエンス事業から創業し、その過程で開始した「オプティカル事業」が世界的にもニーズが高まり、

事業が急拡大してきたことが調査するとわかります。

 

事業とは、継続しているとある日光る石を拾うものと有名経営者が残した言葉がありましたが、

オプティカル事業はそれに当たるのかもしれませんね。

 

さらに詳しくは以下にまとめています。

👉2018年IPO・上場株式銘柄、【ジェイテックコーポレーション】はどのような会社なのか?高まる放射光技術のニーズ・オプティカル事業、ライフサイエンス事業で事業拡大継続

 

Mマート (4380)

Mマートが展開しているのは、

卸の仲介サイトなので、

買い手と売り手を集めて、

食材の仕入れをネット上で簡単に探せる、

注文も完結できる、

 

という仕組みを作った会社であることがわかります。

商社のインターネット完結型という感じです。

社長も81歳と商売の本質をついた事業経営をしているように感じます。

 

さらに詳しくは以下にまとめています。

👉2018年IPO・上場株式銘柄、【Mマート】はどのような会社なのか?81歳社長が率いる少数精鋭のオンライン卸仲介業、流通業界のインフラへ?

 

イーエムネットジャパン (7036)

イーエムネットジャパンは、

インターネットの検索連動型、

ディスプレイ型、

SNS広告、

の3本柱で上場まで漕ぎ着けた企業です。(当然他事業もあります)

インターネット広告最盛期の、まさに時流に乗った会社と言えますね。

取引先も、

地方の中小企業を中心にクライアントを持っているという点もかなり手堅くビジネスをしてきたイメージがあります。

 

さらに詳しくは以下にまとめています。

👉2018年IPO・上場株式銘柄、【イーエムネットジャパン】はどのような会社なのか?検索連動型広告で覇権をとる?中小企業と連携しスマホシフトにも対応

 

ZUU(4387)

ZUUは金融特化メディアで集客をして、

顧客データを集め様々な金融、フィンテック事業を展開している企業ですね。

単価の高い、かつ投資意欲が高く成約しやすい金融業界を選んでいるという点も、

王道中の王道というビジネス展開です。

フィンテックの流れに乗ってどこまで業績が伸びていくのか、楽しみな企業ですね。

 

さらに詳しくは以下にまとめています。

👉2018年IPO・上場株式銘柄、【ZUU(ズー)】はどのような会社なのか?金融特化型メディア、フィンテック事業でデータ活用し事業拡大が今後も期待される

 

日本リビング保証 (7320)

日本リビング保証は、

一般的に新築住宅のバス、トイレ、キッチンなど、

メーカー保証の期間の短さに目をつけ、新築のみならず中古にトータルソリューションをしているんですね。

メンテナンスサービスに積立型など金融サービスの特徴を生かして、事業を拡大してきたことがわかります。

国内不動産の売りが先細っている点から、住宅メーカーがすでに購入後の住宅購入者から収益を上げることに注力している点も興味深いですね。

今後の事業展開にも期待ですね。

さらに詳しくは以下にまとめています。

👉2018年IPO・上場株式銘柄、【日本リビング保証】はどのような会社なのか?競合なしのブルーオーシャンを駆け抜ける住宅メンテナンス、補修トータルソリューション事業で上場へ

 

まとめ

上場する会社を分析していく中で、やはり社会ニーズ、将来性が相当期待されているビジネスモデルがIPOしているのがよくわかりますね。

HEROZのような初値利益が445万円になる当選株は稀ですが、

それでも上位4銘柄は100万円を超えるなど、

IPO銘柄は夢がありますよね。

 

以上、初値で大きく利益が出た2018年のIPO株式銘柄を列挙、400万円の当選株も?時流に乗ったビジネスモデルを一括分析…の話題でした。

◆2019年以降の最新オルタナティブ投資のおすすめの金融商品をランク付けしています◆

市場連動性が低く、利回りが高いオルタナティブ投資を徹底的に分析している管理人の観点から、現在個人でも日本で投資が可能なオルタナティブ投資先についてランキング形式にしてまとめました。

    【↓最新版:おすすめオルタナティブ投資先ランキング↓】 

オルタナティブ投資としての性格を有し、高い利益を見込めるか安定しているかという点を中心に、以下の5つの要素で評価しています。

  • 収益性
  • 安定性
  • 流動性
  • 手軽さ
  • 将来性

 

長期的な資産形成の一助となれば幸いです。

Click!→ 最新版:おすすめオルタナティブ投資先ランキング

おすすめの記事