まとまったお金の運用手法。まずは1000万円「まで」・1000万円「から」資産を増やす方法について。

 

1000万円は資産構築の上で一つ目の節目といえます。

ここでは数百万円の資産から1000万円に乗せる資産運用方法、そして到達した1000万円を運用する方法をまとめています。

200万円→1000万円に乗せる

200万円を1000万円まで増やすのは実に5倍なので、一般に資産運用を行う際の目標と言われる10%で運用したとすると17年かかります。

 

まあ、17年で5倍にすることが出来たら十分なのですが、25歳から運用を開始しても42歳で大分時間がかかりますね。

 

以下の記事では、早めて年率20%で運用して9年で運用する為のオルタナティブ投資と、5年で一気に達成する可能性がある100万円から投資できる海外不動産について紹介しています。

【資産運用】200万円を元手に秒速とはいかないまでも高速で1000万円にする投資先2つを紹介してみる
2018-10-22 16:07
200万円を社会人2年目~3年目で貯金することが出来たので。 このタイミングで大きく増やして将来の資産の元手の基準といえる1000万円を構築したい。 という方も多いのではないでしょ…

 

300万円→1000万円に乗せる

300万円といえば若手にとってはボーナス3回分という20代~30代前半にとっては大金です。

300万円を運用して1000万円にする為には狙う利回り毎に以下の投資先がおすすめできます。

3%で41年後:米国債・米社債のportfolio  (低リスク低リターン)
7%で18年後:バンガード社のVTI  (中リスク中リターン)
10%~20%で7年~13年後:PEファンド (低リスク高リターン)

 

以下の記事内でなぜこの運用法が正しいのかを細かく説明してます。

300万円を資産運用して1000万円を達成する為の利回り毎の投資先3つを紹介してみる
2018-10-23 14:52
300万円といえば若手にとってはボーナス3回分という20代~30代前半にとっては大金です。 300万円をなんとか運用で増やして1000万円という資産を達成したい。 そんな貴方へ向け…

500万円→1000万円に乗せる

500万円をなんとか30歳近辺で蓄えたけども、今後結婚・出産・子育てと費用が毎年嵩むことを考えると、

「最低でも1000万円という資産を蓄えておきたいと」考えられる方も多いのではないでしょうか。

 

そんな人に適した投資は以下です。

 

3%で運用すれば24年☞☞☞米国債・米社債

7%で運用すれば10年☞☞☞米国株ETFのVTI

10%~20%で運用すれば4年~8年☞☞☞ PEファンド (オススメ)

【番外編】
3年~5年で約6倍(ブレ幅あり) ☞☞☞ バングラデシュ不動産

 

記事内で詳細を説明しています。

500万円を資産運用で1000万円に増やす投資先4選を利回り毎に紹介してみる
2018-10-22 10:08
500万円をなんとか30歳近辺で蓄えたけども、 今後結婚・出産・子育てと費用が毎年嵩むことを考えると、 最低でも1000万円という資産を蓄えておきたいと、 考えられる方も多いのでは…

 

1000万円の資産運用に最適と思われる商品

1000万円を資産運用する際のおすすめの商品を格付けしてみました。

参考にしてみてください。

 

1 米国債・社債(期待利回り3%):★★☆☆☆☆☆☆☆☆

2 リート(REIT)(期待利回り4%~5%):★★★☆☆☆☆☆☆☆

3 MLP(期待利回り7%~8%):★★★☆☆☆☆☆☆☆

4 金(期待利回り0%~1%):★☆☆☆☆☆☆☆☆☆

5 VTI(期待利回り7%~8%):★★★★★★☆☆☆☆

6 アクティブ型投資信託(期待利回り▲5%):☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

7 ヘッジファンド(期待利回り7%~8%):★★★★★★★★☆☆

8 海外不動産(期待利回り20%):★★★★★★★★☆☆

9 株式投資型クラウドファンディング(期待利回り??):★★★☆☆☆☆☆☆☆

10 PEファンド(期待利回り15%~20%):★★★★★★★★★★

 

それぞれの詳細は以下の記事で説明してます。

【斬新】2019年から1000万円を資産運用する際に検討できる金融商品10選!~おすすめ度毎に投資先を比較~
2018-09-25 13:10
2019年から1000万円を投資する方に向けて本日は検討すべき対象10選を比較分析していきたいと思います。 今回は一般的に魅力的なものに限らず、他のサイト等では紹介されないような斬…

 

1000万円→3000万円を目指す

40歳といえば丁度最初の子供が小学校に入り、二人目の子供が幼稚園に入ろうかという年齢かと思います。

 

今までサラリーマンをして1000万円は蓄えることはできたけど、今後子供の養育費は嵩み必要経費が高まることを考えると、老後の蓄えとしては大丈夫なんだろうか?

と不安に思われている方も多いと思います。

 

今後年金も受給金額の引き上げ、総支給額の引き下げを覚悟しなければいけない状況下、出来うる限りお金を蓄えたいと思うのは当然の理だと思います。

 

40歳で現在1000万円を保有されている方に向けて、20年後の60歳に3000万円に増やし、退職金を含めて5000万円近くの老後資産を構築する為の方法について以下の記事で紹介してます。

40歳の人が60歳までに1000万円を3倍の3000万円にする資産運用方法
2018-10-05 16:41
40歳といえば丁度最初の子供が小学校に入り、 二人目の子供が幼稚園に入ろうかという年齢かと思います。 今までサラリーマンをして1000万円は蓄えることはできたけど、 今後子供の養育…

 

1000万円を投資信託で運用

1000万円が貯まったけど、自分で今まで投資を行ったことはないので、取りあえずプロに任せようと投資信託に資金を入れることを検討する方も、多いのではないでしょうか。

 

記事内では、そんな方にみけて投資信託の欠陥と投資信託と似ているが投資信託より、高いパフォーマンスが期待できる投資先についてお伝えしています。

1000万円を投資信託で運用するならこの投資先2つがおすすめ
2018-10-13 02:51
1000万円がたまったので、そろそろ投資を行おうと考えているけど、 今まで投資に携わったことないし、何に投資したらいいか分からない。 自分で今まで投資を行ったことはないので、 取り…

 

1000万円は株式投資か不動産で運用すべきか

大分類で株式・不動産・債権・金といった大分類で、やはり株式が一番投資先としておすすめできるのかという点を検証してみたいと思います。

 

まず最初に答えともいえるデータなのですが、資本主義が最も歴史的に発展している米国の、

債券、株式、不動産、金、現金の資産の推移をご覧ください。

以下は1802年に1ドルを書く資産に投資した場合の2016年時点での実質的な資産の価値をまとめたものです。

米国の長期株・債権・金・現金の資産の成長

 

各資産の平均年率成長率と2016年時点での実質資産は以下のようになります。

 

株式;平均年率6.7%で2016年時点では$1,136,042
社債:平均年率3.5%で2016年時点では$1,649
国債:平均年率2.6%で2016年時点では$268
金:平均年率0.5%で2016年時点では$2.97
ドル:平均年率▲1.4%で2016年時点で$0.049

 

左側の縦軸をご覧頂きたいのですが、$1 ⇒ $10 ⇒ $100 ・・・・⇒ $1,000,000と、

10倍ずつ増えていっていることからも分かる通り、圧倒的に株式が高いリターンを叩きだしていることが分かります。

 

続きは以下の記事で。

1000万円を運用するのであれば株式投資が最も有効な選択肢なのかを債券・不動産・金と比較検証-
2018-11-30 20:38
1000万円を保有されている方は運用を真剣に考え始めると思うのですが、 結局何に投資すればいいか分からないという方が多いと思います。 前回1000万円を保有されている方に向けて考え…

 

1000万円の運用を元本保証でできるか?

1000万円を保有していて資産運用の必要性には築いているけど、出来うる限り元本は保証されている形で運用をしたいという方は多いのではないでしょうか。

 

1000万円を元本保証又はそれに類似する形で運用する手法についてお伝えしたいと思いますが、いきなり突拍子もないなと思われると思うのですが、

通常の元本保証投資はデメリットしかなく全くおすすめできません。

 

続きは記事で説明してます。

1000万円を元本保証で運用するなら?元本保証に近くて儲けることが出来る投資先2種類を紹介する。
2018-12-01 23:09
1000万円を保有していて資産運用の必要性には築いているけど、 出来うる限り元本は保証されている形で運用をしたいという方は多いのではないでしょうか。 ☞ 資産運用の必要性を4つの観…

 

1000万円で利回り20%を目指す

貯金1000万円を出来うる限り早い利回りで大きな資産を築き上げたいという方も多いと思います。

ここでは20%という運用利回りを継続的に出し1000万円を大きく増やしていきたいという方に向けて、年率20%を『継続的に』出すことの難しさをお伝えします。

 

年率20%で運用できたとするならば以下のように1000万円は爆発的に増加します。

1000万円を年率20%で運用した場合の資産形成

 

1000万円を継続的に20%で運用できれば9年目に5000万円を超え、13年目には1億円を突破するという驚異的な速度で資産が形成されていきます。

しかし、これはあくまで継続的に年率20%という利回りを達成できた場合の話です。

単年度や数年間年率20%以上のリターンをだすことは可能ですが、十年以上にわたって20%の利回りを出すのは非常に難しいことなのです。

 

続きは記事で。

貯金1000万円を20%以上の利回りで運用することを考えている方に耳を傾けて欲しい話
2018-12-04 21:05
貯金1000万円を出来うる限り早い利回りで大きな資産を築き上げたいという方も多いと思います。 今回は20%という運用利回りを継続的に出し1000万円を大きく増やしていきたいという方…

 

まとめ

1000万円についてあれこれまとめてみました。

まとまったお金の運用を考えている人は参考にしてみてください。

 

以上、

 

まとまったお金の運用方法。2000〜3000万円の貯金はどこに投資をするべきか?
まとまったお金の運用方法。2000〜3000万円の貯金はどこに投資をするべきか?
2019-07-10 10:21
サラリーマンの貯金でも実現可能な2000〜3000万円の運用。 投資先の選択肢とさらなる資産の積み上げ方、早期リタイアの可能性についてまとめています。 貯金が2000万円あったら運…

まとまったお金、5000万円以上の資産運用の選択肢。そろそろセミリタイアも可能な水準か?
まとまったお金、5000万円以上の資産運用の選択肢。そろそろセミリタイアも可能な水準か?
2019-07-10 10:43
まとまったお金であり、資産運用の手段も増えてくる貯金5000万円。 様々な運用手法がありますが、記事内ではリタイアは可能なのかなどそれぞれ紹介してます。 5000万円以上でないとで…

まとまったお金、1億円〜10億円の資産運用で考えられる手法とは。ミリオネアの投資とは?
まとまったお金、1億円〜10億円の資産運用で考えられる手法とは。ミリオネアの投資とは?
2019-07-10 11:13
まとまったお金という枠を超えそうな1〜10億円のという資産。 この大金、どのように運用すべきなのかをまとめています。 資産1億円でリタイアを今すぐ実現する方法・6年~7年安全に運用…
おすすめの記事